Dancyyy!

ダンスの衣装も作品の一部

ダンスの発表会を見に行く時、ステージすべてを作品としてとらえることが多いです。そのため、衣装もパフォーマンスの一つとして考えられるのです。多くの曲を一気に踊らなければならない時には早着替えをすることがあります。機敏なダンスの動きと別に、行動も素早くしなければならないのです。ステージ上は足元が暗かったりしているので、ステージの先端を蛍光テープで目印として貼ることがあります。これは、暗くてもスムーズにダンスを行うことと、安全面のことを考えての基本的な方法です。見ているお客さんには見えることはほとんどないので、ショーに支障が出ることはないです。多くの人がステージに上がるときには、自分の衣装がどこに行ったかわからなくなることがあるので、入念なリハーサルを行うことが多いです。暗がりになると他人の衣装と間違えたり、上下の片方がなくなるようなことも考えられるので、リハーサルを何度も行った上でショーを見せることが一般的です。

ダンスの衣装で魅力的な私へ

ダンスの衣装は購入する場合と手作りをするものがあり、どちらも需要があり、メリットを持っています。まず、購入する場合はインターネットの通販サイトで購入することが人気です。サイズやカラーバリエーションが豊富なので、自分の好みに合うものを探しやすいのです。そして、24時間いつでもサイトで商品を見て購入できるので、ダンスの練習後にイメージに合わせて選ぶことができます。一定の購入金額以上で送料が無料になるため、ダンス仲間と共同で購入するとお得になります。また、サイトではドレスだけでなく、小物を併せて購入できるようになっていて靴やインナーもあります。写真を掲載しているサイトが多く、着用したモデルが出ているのでイメージをしやすいのです。一方、自作の場合は手芸専門店などで生地や部品を購入して作るので他の方と衣装が被ることがなく、オリジナリティ溢れるものが手に入るのです。手間はかかりますが、自分の体に合わせたものを着れるので魅力を上げることができます。

おすすめWEBサイト 5選

ふじみ野の歯科
http://shiga-dc.com/

Last update:2017/3/2


>>TOP<<