Dancyyy!

振り付け師のダンスを見習う

振り付師として仕事をしている人がいます。この人から教えてもらえれば上手くなるかと言えば、半分は合っていますが半分は間違っています。本人のやる気が大事で、体の柔らかさ可動域によっても綺麗な表現ができるか変わってきます。ダンスと言ってもヒップホップやジャズなどいろいろなジャンルがあり、各々に共通している部分もありますが、全く違う筋肉を使うこともしばしばあります。そのためダンスの先生と言っても何の担当かによって教えられるものが変わってきます。振り付け師はもっと大変で教える立場である以上、ダンスの先生よりもっと高度な技が要求されます。クリエイターと同じで、ゼロの段階から考えを生み出さなければならない上に、踊りもできなければいけないので大変です。そのため、振り付け師専門の職業の人は少ないです。人気稼業ですから、支持をされれば飯を食って行けますが、誰にも相手にされなければ、生活すらままならないのでシビアと言えます。

幼児でもできるダンスの振り付け

幼児はまだ体の動かし方を十分にマスターできていないので、ダンスの振り付けを通して、楽しみながら体の色々な動きに挑戦してみるのは、身体の発達にとても良い事です。幼児にとって、リズムにのって複雑に手足を動かすことはまだまだ難しい事です。まずは単調なリズムで、手だけをリズムに合わせて動かせるように練習します。腕の動きや指の動きがスムーズにできるようになれば、一緒に下半身も動かせるように練習していきます。下半身もジャンプや足踏みをする程度の簡単な動きから慣れていくことで、幼児のダンスへの苦手感がなくなっていきます。振り付けを指導する時にも、大きな声にだして次の動作を伝えることで、他の子供たちとの動きを揃える事ができます。手に鳴子やビニールテープで作ったポンポンを持つことで、手を動かすたびに音が出るので楽しんで練習ができます。繰り返し繰り返し同じ動作をすることで、振り付けも覚えていき、体の動きが滑らかになっていきます。

おすすめWEBサイト 5選

看護士の転職お祝い金
http://www.nurse-happy-work.com/

最終更新日:2017/3/2


>>TOP<<