Dancyyy!

ダンス初心者に効果的な練習法

ダンスは世界中のたくさんの人々に愛されています。日本でもダンスを趣味にしたいと考えている人も多いです。最初からうまい人はいないので、初心者はステップを積み上達を目指しましょう。教室に行きレッスンを受ければ上達のスピードは早くなりますが、独学で上達できないというわけではありません。独学で身につけたいと思っている方は、まず好きなダンサーやアーティストの動画を見て真似してみましょう。動画を編集ソフトで反転するとわかりやすいです。ひとつを通しで覚えたらレッスンDVDなどを見て基礎を学びましょう。一見すると手順が逆だと思われますが、まずは好きな曲を覚えることで踊ることを好きになることが大切であり、好きになった後で専門的な知識や技術を身につけるという順番がベストです。しばらく独りで練習をし実力がついたと思ったらダンス仲間を作り一緒に練習をしてみましょう。最近ではインターネットを使い簡単に仲間を見つけることができるでしょう。

ダンス初心者が習う場の選択肢とは

ダンス初心者が習う場所というのは重要な要素であり、大きくは独学から入るか教室に通うかというルートを辿ります、それぞれにメリットもデメリットがあり、両者の特徴を知った上で選択する事が望ましいです。独学の場合は動画を見ながら真似をしたり、知人等の教えてもらいながら学んでいく事になります、独自のスタイルを築く事が出来る可能性が広がりますし、身近に良い師匠に恵まれれば基礎も徹底して学ぶ事が出来る上に独自性を引き出す事が可能になります。ダンス教室を選択する時は効率良く基礎を学ぶ事が出来ますし、レベルに応じたクラス分け等を行っている所も多いです、指導者や生徒達との相性によって大きく違いが出て来る傾向にあり、独自性は自ら編み出していかなければ、多くの生徒を扱っている教室では雰囲気に流されてしまう場合もありますから、教室で基礎を学びながらも独自性は授業以外の場で身に付けていく必要もあります、状況に応じて独学と教室を変えていきながら学ぶのも良いです。

注目サイト

練馬区の老人ホーム

2017/10/13 更新


>>TOP<<